MENU
ぜねた
元ゼネコンマン/1級土木施工管理技士
元準大手ゼネコン勤務の土木技術者。
一級土木施工管理技士。
ゼネコン時代は安全を第一に
現場を走り回ってました。
現場で学んだ知識や土木に関する知識を
発信しています。
技術士の資格取得を目指して現在勉強中。
【携わった工種】
道路土工、トンネル、PC上部工、橋梁下部工事
次回からは”つちとき”で検索トップページへ

ラウンドアバウト(環状交差点)にルールってあるの!?

世間の声のアイコン画像世間の声

ラウンドアバウトって最近よく聞くけど通行ルールってあるんですか!?

ぜねたのアイコン画像ぜねた

大きく3点あります。
右回り、環道の車両が優先、環道から出るときに合図が必要。

世間の声のアイコン画像世間の声

なんか難しそうで通るのが不安です・・・

ぜねたのアイコン画像ぜねた

それほど難しいルールはありません。ルールを守って安全に通行しましょう。

  • ラウンドアバウトの通行ルールは?
  • ラウンドアバウトの罰則ってあるの!?
  • ラウンドアバウトの標識ってあるの?

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

ラウンドアバウト(環状交差点)の通行ルール

ラウンドアバウト(環状交差点)について

ラウンドアバウト(環状交差点)の関係法令について

この記事では、ラウンドアバウトを通行する際のルールについて解説します。

これを読み終えれば、ラウンドアバウトを通行する際のルールと罰則が理解できます。

執筆者

つちとき管理人 元準大手ゼネコン勤務の土木技術者 1級土木施工管理技士
ぜねた(@GenetaCivil)

1級土木施工管理技士の元ゼネコンマンがラウンドアバウトを通行する際の通行ルールについて詳しく解説します。

なお、近年盛り上がりを見せる『道の駅』について、コチラで詳しく解説しています。

目次

ランドアバウト(環交差点)のルールは!?

ランドアバウト(環交差点)のルールは!?
世間の声のアイコン画像世間の声

最近よく聞くラウンドアバウトって通行のルールはありますよね?

ぜねたのアイコン画像ぜねた

基本的には右回りで環道を通る車が優先です。

2014年に施行された道路交通法でルールが定められ運用されています。

簡単にまとめると、

  • 環状道路は右回り
  • 環状道路の通行が優先
  • 環状道路へは左折で侵入して合図は不要
  • 環道から出る場合に合図が必要

となっています。

ラウンドアバウト(環状交差点)通行ルール

環状交差点に指定された交差点には、新たな道路標識が設置されました。

環状交差点の道路標識

この標識があることで、近くにラウンドアバウト(環状交差点)があることがわかります。

円形交差点を通行する際は、しっかりと標識を確認しましょう。

このような標識がある場所が道路交通法で定めた”環状交差点”なので要確認です。

ラウンドアバウト(環状交差点)の通行ルールを違反した場合の罰則

環状交差点における他の車両等との関係等

道路交通法第37条の2で車両の優先関係を定めています。

  • 環状交差点内を通行する車両等の通行妨害をしてはならない。
  • 環状交差点に入ろうとする場合は、徐行をしなければならない。
  • 環状交差点の直近で道路を横断しようとする歩行者に注意し、できる限り安全な速度と方法で、進行しなければならない。
ぜねたのアイコン画像ぜねた

基本的には環道を通る車が優先です。

上述した内容を守らない場合は、道路交通法第119条第1項第2号の2により、

  • 三月以下の懲役又は五万円以下の罰金
  • 基礎点数2点、反則金7000円

が科せられることになります。

難しい内容ではないので安全運転に努めましょう。

通行ルール!?そもそもラウンドアバウト(環状交差点)って何!?

通行ルール!?そもそもラウンドアバウトって何!?
世間の声のアイコン画像世間の声

昔から円形の道路はありましたよね?

ぜねたのアイコン画像ぜねた

2014年の9月に正式にラウンドアバウト(環状交差点)が法律で定められました。

ヨーロッパを発祥とする交差点形式のひとつで、日本でも昔からロータリー交差点や円形交差点として以前からありました。

日本では”環状交差点”という名称で、2014年9月に施行された道路交通法の改正により法律が整備されました。

ラウンドアバウト(環状交差点)の特徴

交差点への進入時に一時停止の必要がない

交通を制御する信号がない

以前からあった、一時停止や信号があるものをロータリー交差点としてラウンドアバウト(環状交差点)とは法律上分けています。

ラウンドアバウト(環状交差点)に関する用語

国土交通省が平成26年に通知を出していてそのなかで、定義を定めています。

代表的な定義は以下の通りです。

環道:専ら車両の通行の用に供する部分のうち、環状を形成している部分をいう。

中央島:環道における車両の安全かつ円滑な通行を確保するために、ラウンドアバウトの中央部に設ける島状の施設をいう。

流出入部:単路部と環道を接続する部分。

ラウンドアバウトについて詳しくは、ラウンドアバウト(環状交差点)について1級土木施工管理技士の元ゼネコンマンが徹底解説!?で解説しています。

ラウンドアバウト(環状交差点)も道路の一部!ルールを守って通行しましょう。

ラウンドアバウトも道路の一部!ルールを守って通行しましょう。
世間の声のアイコン画像世間の声

ラウンドアバウトって特殊ですよね・・・

ぜねたのアイコン画像ぜねた

日本では導入はされてますが、まだまだ数はそれほど多くはないです。

ラウンドアバウト(環状交差点)は道路であるため、道路の関係法令が適用されます。

道路交通法に従わないと、道路交通法の罰則の対象となります。

道路について詳しくは、道路とは!?【身近にあるインフラ】道路に関する基礎知識を元ゼネコンマンが徹底解説!で解説しています。

ラウンドアバウト(環状交差点)のルール【まとめ】

ラウンドアバウト(環状交差点)を通行する際のルールについて解説しました。

ルールをしっかり守って事故の内容に運転しましょう

ラウンドアバウトのルール

ラウンドアバウトへの進入時に合図は不要で、環道は時計回り

ラウンドアバウトの環道の通行が優先で、環道から出る際には合図が必要

ラウンドアバウトも道路の一部

以上、ラウンドアバウトの通行ルールについて解説しました。

ぜねた
@geneta_official
Twitterでも活動してます|Twitterフォロワー3000名↑|Twitter運用、副業について発信中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなに教える
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる